結婚資金が不足でお金借りる場合の対処

結婚式にかかる費用の相場は、現在300万円から500万円の範囲になります。
これは、あくまでおよその数値であるため、式場のタイプや招待人数によって変動します。
しかも、結婚式の費用は挙式の数日前に支払うことになります。
また、挙式に必要なドレスや指輪はもちろん事前に用意すべきもので、結婚資金においてはいくら貯金があっても足りないのが実情です。
足りない分は補えばいいという考えから、キャッシングに目を向けて見ます。
キャッシングとは、いわゆる個人向けの小口融資のことで、利息分を追加して返済するのが条件となります。
キャッシングを扱う金融業者は、銀行と消費者金融の2つに分かれており、どちらも金利やサービス面で差別化を図っています。
ただ、お金借りる際には審査に時間がかかって、思うように借りることができない場合があります。
このような場合には、「即日で融資ができる」などの項目を最優先事項として融資先を選びます。
やはり審査の速さで言えば、消費者金融の方に軍配が上がるため、そこから選ぶのが最善の策となります。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロミスに申し込めない場合は?」です。

次のブログ記事は「週末の喫茶店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。